裏千家青年部のお茶会

晩秋の色が街を覆う中、9月にブロックコンファレンスでお世話になった裏千家青年部の方々のお茶会に行ってきました。

 

場所は「みたか井心亭」三鷹市から和風文化施設として建設されたもので、庭内には近くに住んでいた太宰治ゆかりの「さるすべりの木」が移植されていました。

 

天気も良く、庭内の木々の紅葉も綺麗で素晴らしい茶会日よりでした。

 

受付を済ませてから待合席へ、机の上にはノートパソコンが置いてあり、青年部の活動動画が流れていて皆さんの活動内容が良くわかる様になっていました。

 

濃茶席と薄茶席もみなさんしっかりお稽古されているようで私も頑張らねば・・・・・と改めて思いましました

 

楽しい時間をありがとうございました。

カテゴリー: 釜師の作業台 |

初心者講習会に参加

中目黒にある菅刈公園内にある和館で行われました。

 

午前と午後で1席づつ時間をかけて初めての方にも分かりやすく堀先生が教えてくださいました。

 

私は道具の話の中で茶釜の話をすこ~しだけお話させていただきました。

 

みなさんも鋳物という慣れない言葉に「ほ~~~」「へ~~~~」と少しだけ

 

興味を持っていただけたようで嬉しいですね

 

次回も頑張ります

カテゴリー: 釜師の作業台 |

天気がいいと良く乾きます。

今日は荒引きをした鋳型を天日にさらして乾燥させました。

お日様の力は偉大ですね・・・・・・・

型が良く乾きます。

最近は天気が続いてて気持ちいいけど朝晩冷えるのでみなさん風邪には注意しましょう

カテゴリー: 釜師の作業台 |

風炉~炉へ

いよいよ11月になり、お茶も炉の季節となりましたね。

私の通っている稽古場は以前もご紹介しましたがお寺なんです。先生は尼さんなので、たまに法事などで自習になると先生のお経を聞きながらの自習になったりもします。

風炉から炉に変わる時は炉の点前を思い出しながら「え~~っと・・・・・」なんて以前はなっていたのですがここ2年ほどは点前座に座ると思い出す事ができ、今回はノーミスで濃茶を練ることができました。

私の稽古場には先生が20年ほど前にお求めになった父の釜が毎年炉の季節になるとかかります。展覧会などで長野家の釜を見たことのある方は出来上がりの色や肌合いがわかると思うのですが、使い込むとこのような雰囲気になる1例として写真を載せたいと思います。

蓋の色は茶色っぽく膚の具合もトロトロになり、すでに100年ほど経ったのでは?と言うような雰囲気があります。

写真の釜は「縮緬弾膚釜」(ちりめんはじきはだかま)鐶付:鬼面

縮緬膚の上に土を弾き模様にした作品です。父がまだ二代長野垤志を襲名する前の作品ですので作家名が「裕」(ゆたか)になっています。

カテゴリー: 釜師の作業台 |