美ささ苑~独楽庵茶会

スカッと晴れた秋空に紅葉の木々が映える日に八王子にある懐石料理店の
『美ささ苑』(http://www.misasaen.com)にて独楽庵茶会があり父と二人で
お手伝いに行かせて頂きました。
「獨楽庵」とは千利休が天正年間(1580年)に宇治田原に建てた二畳壁床の茶室がそのおこりとか・・・茶室の内部写真はございませんがお近くに行かれた際は是非お立ち寄り拝見されること間違いなしです!

今回の私の仕事は「席案内」!!!あ~ただ案内するだけじゃん~と思ったら大間違いのコンコンチキです!濃茶席、薄茶席、菓子席、寄付き、点心席の案配を考えねばならない上に下足も行いと言う忙しさ。
朝方は結構寒く、足袋に路地草履だといい感じにシビレてきます。お昼近くなると天気も良いせいか気温も上がり仕事もはかどりました。
お客様はこちらの路地からご案内です。

あ、路地行燈がある・・・てことは最終席くらいのお客様は路地行燈でお出迎えになるのかな・・・・
なんて思いました。

季節がら寄付きにはこんな洒落たライトもありました。
写真はありませんが、濃茶席には広口霰釜が、薄茶席には総霰に扇抜きの中に馬のヘラ押しがある江戸後期の釜がありどちらも素敵な釜でした。
 各席には路地草履で移動していただきます。
パタパタと右へ左へとお客様をご案内してるあいだに日も暮れ始め中庭にはライトアップがはじまりました。
あ、そうださっきの路地は・・・・・・・・・

 

 

 

 おお~っ!!とても良い雰囲気です!!日本人の心をくすぐりますよね♪

今回はこの建物の前から右へ左へと案内係をさせていただきました。
最終席が始まった直後に温かいお薄を一服頂きました。外でお客さんを案内していた私にはとてもありがたい一服となり、美味しいお茶は心も暖めてくれます。

とても良いお茶会のお手伝いをさせて頂き、色々と勉強になりました。
 

カテゴリー: 釜師の作業台 |

中子作りの準備

さていよいよ中子を作る準備です!

砂も準備OK
型も準備OK!!

 しかし寒いし、手は荒れるし、鼻はたれるし・・・・・・

がんばらねば!!!

カテゴリー: 釜師の作業台 |

作業台

いつもこの作業台でイロイロしています!

釜作りは地方や場所によって作り方がちがうので

こんな机は使わない!!って人もいるかもしれませんねw

カテゴリー: 釜師の作業台 |

溶解炉の内装張替

和銑の溶解温度は1400℃~1500℃位・・・・
位というのは、私が幼い頃、温度を計測したら計測器が壊れてしまったそうです。

長野工房の溶解炉は甑炉といって筒状の溶解炉になります。
燃料(コークス)材料(和銑)燃料、材料と交互に入れていき、溶解した和銑がコークスの隙間をぬって一番下の受けに溜ります。

一番温度が高くなるのがハナコシキといってタービンから風が送られてくる場所になります。
約100kgほど溶かすとこんな風になってしまいます。
ちょっとキモチワルイ写真ですみません^_^; 横に空いている穴はタービンから送られてくる風が出てくる穴です。
このままでは次の吹きに使えないので内装を張り替えます。

するとこんな感じになります。
綺麗に張替完了!!

次の吹きもがんばらねば!!! 

 

カテゴリー: 釜師の作業台 |