護国寺茶の湯同好会 第9回音羽茶会

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。
11月17日に行われた「護国寺茶の湯同行会 第9回音羽茶会」のお手伝いに行ってきました。
第1回からお手伝いをさせて頂いておりますが、もう9年目になります。
私が担当したのは「不昧軒(濃茶席)」の案内&お菓子係でした。お菓子は・・・おっとお菓子の話は「かまよめ日記」をご覧ください ♪
不昧軒は大正14年の歳末、松平不昧公の墓所が護国寺境内にできた折に、松平家から墓門、
蹲石、石灯篭が寄付され、不昧公を記念とする茶室建設を思い立ち28人の道具商に不昧公記念茶室建立の寄進を願い、実現した茶室です。十畳間、一間床に三尺の琵琶床添え。

その不昧軒の入口に雨を警戒してのテントを設け準備万端お客様をお待ちします。
こちらの椅子に腰かけて頂きお菓子を召し上がって頂いた後、寄付に進んで頂きました。
寄付からは撮影禁止なので写真はここまでです。
 

ですが・・・・・雨は容赦なく降ってきました^_^;
 雨が強くなる・・・お客さんはドンドンお越しになる・・・・テントは3台用意したのですがすぐに一杯になりテントの外で傘をさして並んで頂くようになってしまい、お客さんには申し訳ない事になってしまいました。

なんとか420名のお客様に濃茶席へのご案内を完了することができました。
濃茶席の席持は徳禅寺御住職の橘宗義和尚 徳禅寺護持会の席で約600年ぶりに世に出たという軸が掛けられておりました。(内容について記述は控えます) 

お茶会を終えて私と同じ社中の稲葉君と記念撮影!!
色々勉強させて頂いた1日でした。 

 

釜師の作業台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です