長岡、茶楽会の朝茶会

このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟県長岡市にある、朝日酒造へ「茶楽会」という方々主催の朝茶にいってきました。

私は長岡の大学の茶道部のお手伝いといして参加させて頂きましたが、茶道部のみなさんは石州流の中、表千家の私が運んでいると一人だけ「一足立ち」・・・・すこし目立ったかもしれませんcoldsweats01

集合時刻が深夜1:00mist もちろん辺りは真っ暗です。夢中で準備をしてるとリハーサルの時間に・・・・・

3:00からリハで、茶楽会の席と学生席で1回づつ。

最初のお客さまがいらしたのが、午前4:00・・・・席入は4:30・・・・・

1回目の席が終わり、お客さまに起床時間を伺うと、「1時起き」とか・・・新潟の方々は気合の入り方がちがいますhappy02

 

パタパタしてたのであまり写真とれなかったのがZA・N・NE・N。

 

茶楽会の席には、私の父が箱書きした「伊勢芦屋真形釜」があり

お茶碗も江戸後期の高取茶碗、それにパッと見、楽茶碗に見えたのが実は乾漆で驚いた茶碗など。

そして!香合の銘が「ポニョ」pisces 蓋の上に金魚のレリーフが施してあり、遊び心満載でした。

 

お茶会が終わるころには日もすっかり昇って「オハヨー」、って感じです。

しかし問題はここからでした。

朝の9時から宴会です!しかも朝日酒造さんですから、乾杯から日本酒です!!

果たして、いったいどのくらい飲んだのか・・・。

名物、ヘギ蕎麦を頂いて帰路に。

色々と勉強させていただいた茶会でした。 

来年もまた参加させていただけたら嬉しいです。

 

釜師の作業台

コメントは受け付けていません。