鐶付風書鎮作り

このエントリーをはてなブックマークに追加

春一番の様な風が吹き始めてますね。

さて、先日の吹きでは鐶付を少し大きめに作り、書鎮風にしてみました。



これは鋳型から出したばかりの状態ですのでバリや鐶付の穴に砂が詰まっている状態です。

粘土で原型を作り石膏で型を取り鋳型を制作して鋳造し、この状態になります。

もちろん素材は和銑です。ここから仕上げて2週間錆びさせ着色し完成となります。

完成品の画像は後程・・・・・・

釜師の作業台

コメントは受け付けていません。