東京・不審庵茶会報告・・つづき

このエントリーをはてなブックマークに追加

主:鈴木 宗鶴
於:東京美術倶楽部 雪の間

本席:碌々斎筆 覚々富士画賛写   惺斎箱書
      不士と雪茶碗ひとつや夏の旅
花入:江の島さざえ籠
香合:惺斎好 飛騨白樺木 山登 五の内 共箱書  宗哲作
風炉:鬼面鐶付切合           興兵衛極箱  浄林作
釜 :天命 雲龍文
   桐腰独楽透 風炉先屏風 即中斎在判 共箱書 利斎作
棚:雪山和尚好 蛤棚         即中斎箱書
水指:御本筒 波文
茶器:惺斎好 夕顔絵大棗   共箱書         宗哲作
茶碗:白楽 平 銘潮風     即中斎書       惺入作
替茶碗:平 銘涼々        即中斎書       大樋焼
替茶碗:伊賀 端反
茶杓:利休手植沙羅木似って 銘青楓  即中斎筒箱書
 建水:原叟好 えふこ                   興兵衛作
 蓋置:青つくね         即中斎箱書       惺入作
菓子器:浅黄交趾 松食籠   即中斎箱書       即全作
 煙草盆:キンマ         而妙斎箱書       高松製
 火入:新渡染付六角
 煙筒:惺斎好 鱗鶴亀甲                 浄益作
 煙草筒:籠目                        タイ製

以上

釜師の作業台

コメントは受け付けていません。