新選組ARTIZANメンバー紹介3

山口 太志さん
http://www.taishi-touan.com/

備前焼をされてる方です。
この方は松田祥幹さんからのご紹介で参加することになった方で、
備前焼の特徴を様々な器で表現していました。

今後も新選組のメンバーとして頑張りますので宜しくお願いします。

カテゴリー: 釜師の作業台 |

新選組ARTIZANメンバー紹介2

田村 尚子さん
http://www.metalhearts.net/

彫金をしている方です。
この方は大学時代の同期で高岡短期大学で2年間一緒に勉強や
遊びをしてきた友達です。

人とは少しチガイ、不思議な感覚の持ち主でそこから生まれてくる作品も

独創性溢れる作品が多いです。

人間国宝の桂盛仁(かつらもりひと)先生に師事しており技術

も確かなものがあり今後も楽しみです。

彼女はアトリエを銀座に構えており彫金教室も開催しているので

彫金(アクセサリー、ジュエリー)に興味のある方は是非とも

足を向けてみてください。

今日はもう一つ
大学時代の友達が調布市仙川の東京アートミュージアムで個展を
しています。

北岡 哲展<トタンのいきものたち>



北岡さんとは大学時代に酒を交わし悪ふざけをしたり、色々話をしたりと
思い出が沢山あります。

トタン板を切ったり、リベットで止めたり、ハンダ付けしたりして
小さいものでは2~3cmくらいの作品から、会場にはありませんが
10mを超える大きな作品もあります。

この展覧会は8/29まで開催していますのでお近くにお越しの際は是非とも
足を向けてみてください。

http://www.tokyoartmuseum.com/

カテゴリー: 釜師の作業台 |

新選組ARTIZANメンバー紹介

今月の21、22日と浅草のアミューズミュージアムで展示会を予定していますので

改めて、新選組ARTIZANのメンバーを紹介していきたいとおもいます。

松田 祥幹さん
http://www.makieshi.com/

越前蒔絵の方で私がこの会を発足させる切っ掛けにもなった方です。

4年前に個展を見に行き色々話を伺い、仕事への情熱や作品完成度の高さ

人柄も含めて「この人と仕事がしてみたい」と感じました・・・・・・

祥幹さんの地元福井県では越前蒔絵、越前焼、刃物など様々な伝統産業が

有名で茶の湯釜でも越前芦屋があります。

祥幹さんの父上も伝統工芸士として越前蒔絵の職人として活躍されています。

会の中では一番年上になりますが、重鎮としてなくてはならない方でもあります。

青山の祥幹スタジオでは蒔絵教室も開催していますので、是非足を向けてみて下さい。

 

カテゴリー: 釜師の作業台 |

表千家短期講習会の友

私は平成17年の夏に表千家短期講習会に参加致しましたが、その時に出会った女性から、「結婚しました」と嬉しいハガキが届きました。

短期講習会は、今思うともっと突っ込んで色々聞いておけばよかったと思うところもありますが、短期講習会でお茶に対する考え方が変ったのも事実です。

当時の私はお薄の平点前もおぼつかない状態でしたが・・・最後の日に宗匠が濃茶を練ってくれるので誰か正客してくださいと言われ、濃茶の頂き方もしらない私が(宗匠が練る濃茶が頂けるなら!!)と後先も考えないで手を挙げたのを覚えてます。

 ・・・・あの時足がシビレてモジモジしてると宗匠から

 

シャキットせんかい!!!!!!

と怒られたのも忘れません

 

その後、その時出会った数名の仲間で席を持たせて頂く機会がありましたが、

その時の仲間の一人が、この度結婚した女の子だったんです。

 

その席では道具も自分達で持ち寄り、風炉と釜は私のを使いましたが、その子が学生時代に演習で作った鍛金の水指、茶碗は学生の男の子の自作と

・・・・ワイワイガヤガヤの茶会だったのを思い出します。

 

〇野ちゃんおめでとう!!!!!

海〇ちゃんなら明るい家庭を築けるでしょう

今度旦那さん連れて展覧会にいらしてくださいね。

カテゴリー: 釜師の作業台 |

長岡、茶楽会の朝茶会

新潟県長岡市にある、朝日酒造へ「茶楽会」という方々主催の朝茶にいってきました。

私は長岡の大学の茶道部のお手伝いといして参加させて頂きましたが、茶道部のみなさんは石州流の中、表千家の私が運んでいると一人だけ「一足立ち」・・・・すこし目立ったかもしれませんcoldsweats01

集合時刻が深夜1:00mist もちろん辺りは真っ暗です。夢中で準備をしてるとリハーサルの時間に・・・・・

3:00からリハで、茶楽会の席と学生席で1回づつ。

最初のお客さまがいらしたのが、午前4:00・・・・席入は4:30・・・・・

1回目の席が終わり、お客さまに起床時間を伺うと、「1時起き」とか・・・新潟の方々は気合の入り方がちがいますhappy02

 

パタパタしてたのであまり写真とれなかったのがZA・N・NE・N。

 

茶楽会の席には、私の父が箱書きした「伊勢芦屋真形釜」があり

お茶碗も江戸後期の高取茶碗、それにパッと見、楽茶碗に見えたのが実は乾漆で驚いた茶碗など。

そして!香合の銘が「ポニョ」pisces 蓋の上に金魚のレリーフが施してあり、遊び心満載でした。

 

お茶会が終わるころには日もすっかり昇って「オハヨー」、って感じです。

しかし問題はここからでした。

朝の9時から宴会です!しかも朝日酒造さんですから、乾杯から日本酒です!!

果たして、いったいどのくらい飲んだのか・・・。

名物、ヘギ蕎麦を頂いて帰路に。

色々と勉強させていただいた茶会でした。 

来年もまた参加させていただけたら嬉しいです。

 

カテゴリー: 釜師の作業台 |

講師とトーク

来月の21、22日と浅草のアミューズミュージアムにて新選組ARTIZANの展示をすることになったのですが、21日に同建物内で幕末の話を歴女の方がお話するそうです。

その歴女の方と一緒に幕末の頃の釜やお茶の背景などを私が一緒になってお話することになりましたcoldsweats01

そして9月にも裏千家青年部の方から講師のお話を頂き、蒔絵作家の本間さんという方とトークすることになりました。

何を話そうか・・・・浅草は幕末の頃だから・・・・・

裏千家青年部では作家の話かな~・・・・・

不安ですが何事も経験です、頂いたお話は私にとってもとても勉強になるので精いっぱい頑張ろうとおもいます。

人前で何かを話すなんて・・・・・話す前にビール飲んで少し勢いつけちゃおうかなhappy01beer

やば!!真面目にしますよ!!!

カテゴリー: 釜師の作業台 |

新選組ARTIZAN打ち上げ!!!!!

今回の青山展の打ち上げが20日の夜、新宿で行われました。

次回展の話と今後の展開について様々な意見が飛び交う中

NEWアイデアも持ち上がりみんなで「あーだ、こーだ」話し合いました。

俺たちにしかできない、俺達だからできる、団結力の深さに改めて気が付かされ

製作意欲がさらにメラメラと燃えてきましたね・・・・・・・

次回の新選組ARTIZANは来月21日22日に浅草のアミューズミュージアム1Fで行います。

添え釜はありませんが、7月に行った展覧会の続編ということでお楽しみください。

カテゴリー: 釜師の作業台 |

小川待子先生の個展

昨日は銀座に行き小川待子先生の個展を見てきました。

会場は、銀座にお店をかまえている阿曾美術さんでした。会場に入ると小川先生独特の世界がそこにはあり

ワクワク感が広がります。 今まで先生のお話は父から聞いていたのですがお会いするのは初めてで、名刺交換しちゃいましたhappy01

中でも目を引いた2つの作品

なんと!二重になっているお茶碗・・・・・最初どこから飲むのかわかりませんでしたが、左の割れているところから
頂くようです。


こちらの花入れ?水盤?も大きく迫力のある作品でした。発想力やアイデアなどで人の目を引く作品をつくる!!

その感覚を良く考えさせていただけた展覧会でした。

カテゴリー: 釜師の作業台 |

歴代の釜に見惚れて・・・・

今日は某道具屋さんのお店で数点の釜及び風炉の撮影をさせていただきました。

歴代の釜の数々を撮影していく中で、過去の釜師や鋳物師(いもじ)の方々の

技術の高さとセンスに見惚れてしまいました。

中でも芦屋の切り合わせ(釜:霰真形釜 風炉:唐銅達磨風炉)には

う~ん・・・はぁ~~~・・・・ん~~~と言葉になりませんでした。

人がみて美しいとか綺麗とかの感動を与えられるような物を作れたら・・・

なんておこがましいですが、やるからにはいつかはそう言われる作品を発表したいと

すこし頭の中で思いました・・・・・・

400年前の名工に平成の小僧が噛み付いてもいいですよねhappy02

カテゴリー: 釜師の作業台 |

個展にいってきました。

新宿の京王百貨店で明日まで開催されている

鍛金の井尾健二先生の個展に行ってきました。一枚の板から様々な形を生み出す鍛金、

作品は茶入、蓋置、水差し、釜、香合、などがありどの作品にも先生の厳しくも優しい雰囲気

が出ていました。特に奥の壁に掛かっていた釣香炉は見た瞬間に引き寄せられる空気のある

作品でした。

私も今年の秋に京王百貨店でグループ展をするのですが展覧会に向けて頑張る意欲が更に

沸いてきました。

カテゴリー: 釜師の作業台 |
Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 Next